ホーム > 2022年

丘のうえから

「きらら発信」

令和4年9月12日

 

 

 

 今年度、きららではホームページ委員会を立ち上げ、一人でも多くの方に「きららを知っていただく」ことを目標に取り組んでいます。

 SNSが普及された世の中、受け身の姿勢ではなく、一人でも多くの障がいのある方、ご家族、関係者、きららで働きたい方にもきららを知っていただけるように情報発信する必要があると考えます。

 今回は「駅からきららまでの道順がわかりにくい」との声をいただきましたので、アクセスページに動画や画像を添付して、「視覚的」に道順を見ていただこうと日々アクセスページの修正に取り組んでいます。動画や画像を見て、「きららに来ました」とおっしゃっていただける日がくるようがんばっています。

 そんなホームページの修正と並行して、事業活動の紹介なども発信できるよう「きららyoutubeチャンネル」を10月頃配信予定です。配信が開始された際にはホームページと併せて一度見ていただけると幸いです。

 

 

地域生活総合支援センターきらら


「食の充実」「余暇の充実」

令和4年8月29日

 

 

 今年度、グループホームで強化して取り組みを行っていることは、「食の充実」「余暇の充実」です。

 「食の充実」では、グループホーム利用者の3分の2の方が入所施設から地域移行された方です。入所施設では生ものやサンドウィッチ等の傷みやすいものや時間が経つと伸びてしまい食べごろを提供するのが難しい麺類は食べる機会が少なかったと思いますので、地域で暮らしている間はこれらを食べていただく機会を少しでも多く取り入れたいと考えました。例えば朝食には菓子パンやサンドウィッチを取り入れ、休日にはお寿司やラーメン等にメニューを変更しました。

 「余暇の充実」では、新型コロナウイルスの影響によりヘルパーとの外出を控えることも多かったので、グループホーム内でできるバーベキューや花火大会といった季節に応じた行事を企画しました。

 利用者の皆さんが「美味しかった」「楽しい」と言っていただけるよう、今後も試行錯誤しながら利用者がより良い暮らしをしていただけるよう、工夫していきたいと考えています。

 

 

 

 

地域生活総合支援センターいま


「ひこうき雲~夏~」

令和4年8月15日

 

 

 この季節、富田林市甘南備の空を見上げると青空に幾筋ものひこうき雲が浮かんでいます。このあたりの上空は関空発着の機の航路なのでしょうか。さて、われわれ総務ですが、過去には「いのりの塔祈念式典」、「50年誌」、「ANPiS(アンピス)導入」など関わった(ている)事業・事務について思いを伝えてきました。総務の仕事(事務)って、ちなみに事業団の「法人事務局処務規程」の第2条(事務局の事務)に規定される30項目のうち、23項目に関わるもので、幅広で雑多な仕事です。どれも、当事業団の日々の運営のいわゆる事務方の仕事ですが、事業団が障がいのある方やご家族の方々と、ともに歩むその歩みが止まらないよう、事務方として日々研鑽を積んでまいります。飛行機が確かに飛んだ、その航跡を示すひこうき雲のように、われわれ総務も事業団の歩みの中に航跡を残していけたらと考えています。

 

 

法人事務局 総務