ホーム > 2021年

丘のうえから

旅立ち

令和3年3月22日

 

 

 しいのき寮の子どもたちは、高等部卒業後にはしいのき寮も卒業していきます。

 卒業していく子どもたちにとって最後の一年は、きっとドキドキし通しの一年だったと思います。

 しいのき寮では自立を大きな目標として、日常の生活のなかで支援を行っています。高校三年生になれば、自立ももちろんのこと地域での生活を想定した取り組みが始まります。自活訓練棟の利用や作業所見学に行ったり、グループホームの体験などが入ります。学校に通いながら進路に向けて動くため、混乱することもたくさんあった一年間だったでしょう。

 その様な卒業の準備をしていく中で、緊張して逃げ出してしまったり、相談できなかったりとたくさんのことがありました。

 3月5日に卒業式が終わり、いよいよ子どもたちが巣立っていきます。

 卒業式での子どもたちの堂々とした姿は誇らしいものがありました。

 今年はコロナウイルスの影響で、先輩たちの地域で頑張っている姿を見る機会が持てず、イメージもなかなか持てない中、一年間よく頑張ったと思います。

 卒業後、今までのたくさんの経験がきっとどこかで役に立ってくれると嬉しいです。

 

 

 


しいのき寮


「美味しくいただきました~」

令和3年3月8日

 

 

 

 年度末も押し迫って参りました。振り返れば、新型コロナウイル感染予防に四苦八苦した一年で、「丘のうえから」にも何度となく「コロナ」の文字が見られました。

 「にじょう」においても例外ではなく、外出の自粛に始まり、帰宅・面会の制限等今までに経験のない生活スタイルとなり、利用者の皆さんやご家族・関係者の皆様にも大変なご苦労をお掛けしました。感謝いたします。

 そんな中、感染予防に配慮しながらも行事や日課に工夫を凝らし、潤いと活気のあるそして楽しみのある生活の提供を意識し、例年、一堂に会して行われていた全体行事をユニット単位の少集団で実施しました。職員と利用者さんの距離が更に縮み好みに合った内容を提供することができたと思います。

 また、食べる楽しみにも重点を置きました。給食業者さんと連携した天ぷら屋さんやかき氷屋さん。実演の後の食事は普段に増して食が進んだ様子で、大変好評でした。ぜひ続けたいと思います。更には地域のお店から配達してもらったケーキ・お寿司・ほかほか弁当・ミニ会席・ビール等々、普段とは違った食事も美味しくいただき、多くの笑顔が見られました。

 外に出なくても工夫次第で楽しむことができ利用者の皆様の要望にお応えできることが見えてきたこの間です。コロナ対応によって気づいたことを次年度に活かし、潤いと活気のあるそして楽しみのある新生活の提供に努めていきたいと思います。

 関西では、感染者数や病床使用率も減少傾向にあり、❝宣言❞解除が行われました。解除された今だからこそ気を引き締め、コロナに負けず以前以上の生活を取り戻したいと思います。皆様方も健康にご注意ください。 はやく、コロナが収束しますように

 

       

 “スイカ割り

 パッカーン

 いただきます”           

 

            

            

 


にじょう


思いを胸に

令和3年2月22日

 

 

 

 新型コロナウイルスの感染が広まりを見せたことにより、各事業における活動は水際対策に軸足を置かざるを得ず、縮小や廃止、中止といったネガティブな結果が重なったことで参加を楽しみにされていた方には心苦しい状況があったかと思います。生活介護では季節ごとの行事等がありますが、これまでのような形態での実施は見直しを迫られました。

 そのような状況の中で、例年11月に実施しているあいまつりも当然中止となりました。しかし、あいまつりの中止に対して、「あいまつりがしたい」という多くの利用者の声があり、また、支援者もこれらの声、期待に応えたいという、お互いの思いが重なり合い、企画したものが「気軽に集まれる公園のような場所」をイメージした「あいパーク」でした。感染症対策に加え半日限定で入れ替え制という、従来とは異なる実施形態ではありましたが、アトラクション、写真撮影、映像等、これまでのあいまつりとは異なる出し物としたことで、目新しさが前面に出され利用者にとっては新鮮な体験だったと思います。

 利用者の思いが支援者の原動力となります。ひとつひとつの思いを感じ取ろうとする感性を育て、大きな力に変えられるよう今後も励んでいきたいと思います。

 

 


地域生活総合支援センターあい